社長コラム(櫻通信)

社長コラム(櫻通信)

Vol.
11月
クリステル社工場のクリスマスツリー!
クリステル社工場のクリスマスツリー!

金木犀の香りで10月の到来を知ったのも束の間、いよいよ11月に入りました。
事務所の移転でばたばた、新商品クリステル圧力鍋ALTOの導入は失敗出来ない仕事と張り切り、少しスタッフの入れ替わりもあって荒っぽい時間が過ぎてしまいコラムにもご無沙汰していました。 
 

味覚の秋、まずは栗ごはんを炊こう、と週末に。おいしいと食べてくれる家族に、「よかった、次は何を作ろう?」と楽しみが湧きます。新米のおいしい季節にごはんをせっせと食べよう。松茸はハードルが高いけれど、種々のきのこやマッシュルームでごはんに工夫をしたい、芋類も根菜も豊富でおいしい。先日さつまいもをカボスと煮たら好評でした。久しぶりに牡蠣フライも登場。やはり秋は食材がおいしく、料理の作り甲斐がありますね。 
 

 
 
 
 
 
 

孫の夏休みの宿題は、料理レポートでした。
孫の夏休みの宿題は、料理レポートでした。
この秋はクリステルから圧力鍋アルトを発売。圧力鍋の中ではすっきりしたデザインで、蓋を普通のガラス蓋に替えると大鍋の一つとしても使いやすく、クリステルのお鍋に上手く組み合わせて使用できます。浸水を忘れたお豆もおいしく短時間に煮え上がり、お赤飯も玄米炊飯も手早く炊けたり、かたまりのお肉を手早く柔らく煮てバーミックスで作ったソースを添えてごちそうにしたり。やはり便利です。
まずは、スタッフとの研修をしたり、教室やe-gohan掲載レシピを整備したり、アルトの使い方を私たちもさらに勉強していきたいと思っています。

 
⇒クリステル圧力鍋alto(アルト)について詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 
 
 

僕の好きなの、早くまわってこい!
僕の好きなの、早くまわってこい!
秋は食べる事に留まらず、音楽やバレエも賑やかです。お世話になった日本芸術協会の佐々木忠次様の追悼のバレエ、「ザ・カブキ」は今迄に観た公演で、最高の出来でした。モーリス・ベジャール作品の傑作、東京バレエ団は世界各地で多くの公演を行って来ています。素晴らしい文化の交流に、大いに貢献しているのです。これからは、ウイーン国立歌劇場のオペラ公演をこの秋のハイライトとして楽しみにしています。なかなか現地へ赴く事は出来なくても、これも佐々木様の蒔かれた種、東京でも素晴らしい引っ越し公演が観られます。貴重な秋の贅沢ですが。 
 
 
 

私の大好物、早くちょうだい!
私の大好物、早くちょうだい!
趣向は変わりますが、落語も楽しみにしています。山本益博さんがコーディネートされているコレド落語会は、7回目を迎えました.内容も充実していて回を重ねるごとに盛会な様子がわかります。場所柄、お務め帰りの働き盛りの方々が集まられます。この落語会も残したい文化へのムーブメントとして良い仕組みが出来て来ているのが素晴らしいと思います。 

今年はトスカーナのオリーブオイルも大変良質な出来だとフレスコバルディから報告が入りました。間もなく沢山の方々が楽しみに待って下さっている今年一番搾りオイル、ヌォヴォ・ラッコルトが空輸されて来ます。摘みたての草を思わせる新鮮な香り、スパイシーな独特の味わい、鮮やかな色、搾り立ての一時期のみ味わえる贅沢です。

(左)西の窓に夕日が。あらきれい!(右)海の向こうに日が沈む
(左)西の窓に夕日が。あらきれい!(右)海の向こうに日が沈む