毎日手軽に使えるハンディ・フードプロセッサー
bamix of Switzerland バーミックス
パウダーディスク  粉末状に砕く
スーパーグラインダーにセットして、食材をより細かく、粉末にするためのアタッチメントです。
  煮干し、昆布、干し椎茸などを粉末状にして粉だしに利用したり、きなこを作ったりと便利に使えます。煎茶を細かく粉末状にした粉茶は、お湯で溶くだけで、おいしいお茶がいれられるうえ、お茶の栄養をまるごといただけます。

パウダーディスクを使用する場合の連続運転は30秒までです。
従来のバーミックスM133に付属するスーパーグラインダーにも使用できますが、1994年以前製造のもの(底面がネジ止めされているもの)には対応していません。
材料によっては、まずスーパーグラインダーで砕いてから、パウダーディスクで砕くと、時間もかからずきれいに仕上がります。
粉だしを数種の材料で作りおき、用途に応じて組み合わせて使うと便利です。

粉だし

煮干し  
頭と腹わたを除き、から炒りします。 まずは、スーパーグラインダーで30秒砕きます。   スーパーグラインダーで砕いた状態。ふりかけなどにちょうどいい程度です。   パウダーディスクをセットし、さらに30秒砕きます。   ごく細かな粉末状に仕上がりました。粉だしなどにぴったりです。


かつお節  
昆 布  
 
スーパーグラインダーとパウダーディスクでで30秒ずつ砕くと、細かな粉末状に。   から炒りした昆布を、スーパーグラインダーで30秒、パウダーディスクで30秒×2回砕くと、かなり細かな状態に。


干し椎茸  
スーパーグラインダーで60秒、パウダーディスクで30秒で細かな粉末状に。
  粉だしのアドバイス  
煮干し、かつお節、昆布などをパウダーディスクで粉状にすると、「粉だし」として便利に活用できます。
みそ汁: だしをとる時間がなくても、粉だしを入れるだけでOK。
おかゆ: おかゆに粉だしを加えれば、簡単に味に変化をつけられます。 そのほか、煮物や炒め物の隠し味としても便利。


煎茶から粉茶に 粒こしょう

 
パウダーディスクで30秒粉砕したら30秒休む。これを3回繰り返すと、湯に溶いて飲める粉茶に。   スーパーグラインダーで30秒砕くと、粗挽き状態に。さらにパウダーディスクで30秒×2回砕くと、細かな粉末状に。


パウダーディスク
1,200円(税別)
日本製/アクリル製
ご購入は今すぐオンラインで
bamixトップページへ
更に詳しく 更に詳しく ご購入は今すぐオンラインで